« 冷感湿布 | トップページ | ルテイン »

温感湿布

ケンブロ トラックバックコンテスト
目指せ、皆勤賞!
に参加しています!!



さて、今回は温感湿布について調べてみました

実は、我が家にも温感湿布はあります。
それは、旦那用として買ったもの

薬局で、旦那の症状について聞いたところ、
慢性の腰痛なら、冷感より温感の方が良いとのこと。
そう言われてみると、
確かにお風呂で温まると楽になるとか言ってた

温感湿布には消炎鎮痛作用のある成分の他に、
トウガラシエキスなどが含まれているため、
血行を良くする効果があるそうです。

なので、肩こりや腰痛など慢性の症状に
適していると考えられています。

熱をもった炎症や腫れのある場合に温感湿布を使用すると、
逆に症状が悪化することがあるので、
このような場合には、まず冷感湿布で炎症や腫れを鎮め、
急性の症状が軽くなってから温感湿布に切り替えるという
方法を用いると良いそうです

なるほどねぇ~冷感と温感を使い分けて、
途中から切り替えるという方法もありなんですね。

しかも、温感湿布は、はがした後もしばらく効果が残るんだって
だから、入浴する時は注意が必要。
入浴する30分前までに剥がして、
入浴後も十分にほてりが鎮まってから使用しましょう

う~ん…普段何気なく使っている湿布だけど、
こうしてみると、色んな注意点もあるし、
使い方によっては、症状を悪化させちゃう恐れもあるんですね

次からは、よく注意して使いたいと思います。
そして、私の慢性の肩こりには、
温感湿布を試してみようと思います

|

« 冷感湿布 | トップページ | ルテイン »

懸賞・TB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温感湿布:

» 肩こり・腰痛・筋肉痛 [ケンブロ]
健康情報ポータル「ケンブロ」の肩こり・腰痛・筋肉痛情報です [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 10時22分

« 冷感湿布 | トップページ | ルテイン »