« 石澤研究所 | トップページ | モニプラ応援サポーター大募集! »

余命1ヶ月の花嫁

余命1ヶ月の花嫁~千恵さんが残したもの~

偶然にも、この番組を拝見しました。
このタイトルから、結婚してからガンが発覚したのだと思っていました。
でも実際は…違ったのですね。

千恵さんは、仲間や家族の温かさに支えられて、
体調が悪いながらも憧れのウエディングドレスを着ることができました。
それは、とっても綺麗で、これから幸せになれる…
そんな笑顔を見せてくれました。
でも…実際は、ドラマや映画のように甘くはありませんでした。

もし自分が余命1ヶ月だと言われたら…どうなってしまうだろう。
元気な時は、
「やっておきたいことがたくさんあるから、
 もし、ガンだったら告知してほしい」って言うと思うんです。
でも、実際にガンになって、余命1ヶ月と言われたら…
きっと、頭の中は真っ白になって、心も空っぽになってしまいそう。

やりたいこと、やらなければいけないこと、
そんなのどうでもよくなっちゃうよ…。
だって、残された時間は、たった1ヶ月

大好きな家族や友達と別れることが辛い…
もっと一緒にいたい、ずっと一緒にいたいって思うもん。

逆に夫がガンだったら
これは、自分がなるよりも辛いです
って、考えただけでも泣いてしまいます

残していくのも、残されるのも…どちらも辛いですね。

だから、そうならないためにもガン検診は受けないと
早期発見なら、治療だって間に合うはずです。

そして、もしもの時のために、ガン保険にも加入しています。
ガンの治療って、本当にたくさんのお金がかかるんですよね。
だから、「自分には関係ない」と思わずに、
これだけは、加入しておくことを友人にもススメテいます。

早期発見とガン保険、この2つをクリアできれば、
ただ悲しみに暮れる毎日ではなく、
闘って本当の笑顔を取り戻せる日が来ると思うんです。

実は…祖母がガンと診断されました。
食欲がないとか、好き嫌いをするようになったのですが、
祖母宅では、「年取ってワガママになって」くらいに思っていたようです。
たまたま、大怪我をして手術するため入院した病院で、
検査をして発見されました。
でもね…もう年が年なので、手術に耐えられる体力がないって。

食が細くなった時点で病院に行ってれば、
もしかしたら…何とかできたのかな?
思い過ごしではなく、ちょっとした変化でも検査って必要。
そう痛感させられました。

祖母本人には、ガンのことは内緒にしてあります。
今も元気に散歩したりしてるんですよ。
その姿を見ているとガンだなんて嘘みたいです

自分や自分の大切な人を守るためにも、
もっと、ガンを身近なものと考えていくことが大切だと思いました。

TBS系「余命1ヶ月の花嫁~千恵さんが残したもの~」放映から一ヶ月・・・

TBS系「余命1ヶ月の花嫁~千恵さんが残したもの~」放映から一ヶ月・・・

|

« 石澤研究所 | トップページ | モニプラ応援サポーター大募集! »

懸賞・TB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余命1ヶ月の花嫁:

« 石澤研究所 | トップページ | モニプラ応援サポーター大募集! »