« おでん缶 | トップページ | カゴメ 野菜生活100 »

トンネル

トンネルを抜けるとそこは地下世界だった・・!

子供から大人まで楽しめる冒険ミステリー 「トンネル」

14歳の少年ウィル・バローズは、
博物館の館長を務める父親のバローズ博士と、トンネル堀りに熱中していた。
だがある日、父親が忽然と姿を消してしまう…。
父親が近づこうとしていた「マン・イン・ア・ハット」という人々が
関係しているのだろうか?
ウィルは友人のチェスターと共にトンネルを掘り進める。その先に待つものは…

ども、最近、読書に目覚めているミルクルです。
ポスト 「ハリポタ」 ということなので、期待が膨らみますよねぇ~。
紹介文読んだだけでも先が気になるし。(笑)

新刊JPで「トンネル-TUNNELS-」の第一章を読むことができるんだって。
ってことで、さっそく読んでみましたよ!

う~ん、さすがに第一章は、ほんの序章…。
まだ、どうなるの?先が気になる!ってところに到達していない。
でも、父と息子の関係性や性格などは、十分に分かる。
トンネルを掘って、何かを発見する喜び。
それを共有しあっている親子ってことかな。
このトンネルが、タイトルのトンネルなのかなぁ??

文章的には、こういった系特有の言い回しが使われていて、
その場面を自分の中で映像として再現するのにひと役かっている。
私の中の勝手な想像が、父や息子の顔を作り、
トンネルの中までも作り上げてしまう。(笑)
やっぱ、この先の展開が気になってしまった……。

海外での評価は非常に高いようだし、
アマゾンでの予約注文は、ハリポタ2作に続く3位につけているとか。
……続きが読みたい。(笑)

|

« おでん缶 | トップページ | カゴメ 野菜生活100 »

懸賞・TB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンネル:

« おでん缶 | トップページ | カゴメ 野菜生活100 »